日常生活で可能な膣カンジダ症対策!なった時も再発予防にも

膣カンジダになったんだけど、早く治す方法はない?

再発が多いからなんとか予防したい。

そんな方に今すぐ始められる、膣カンジダ症の対策方法をご紹介します。
膣カンジダに悩んでいる方は是非参考にして下さい。

健康的な日常生活を送る

膣カンジダ症の原因として多いのが、免疫力の低下です。

風邪を引きやすかったり体調不良になりやすい方は、カンジダが再発しやすい傾向にあります。
ほかに睡眠不足やストレスなどもカンジダの原因となりやすいです。

心当たりのある方は、生活習慣を見なおしてみましょう。
バランスのいい食生活を心掛けたり、十分な睡眠時間を確保する、時間があればジョギングなど何か簡単なスポーツをしてみるのもいいです。

気を付けたいのは意識し過ぎて逆にストレスを溜めてしまわないことです。

下着を見なおそう

膣カンジダ症は下着を見なおすことで改善、予防することもできます。

チェックすべき点は、締め付け・素材・通気性です。
きつい下着を付けていると血の巡りが悪くなって、かゆみが出やすくなります。
また、化学繊維などの素材は人によってはかぶれやすく、かぶれた個所にカンジダ菌が感染すると治りにくくなってしまいます。
また、カンジダ菌はカビの仲間ですので湿気が大好きな為、通気性も大事になってきます。

おすすめなのは、締め付けのきつくない綿や絹といった天然素材の下着です。
他にも、おりものシートを使っている方はこまめに取り換える、ナプキンは布ナプキンを使うなどの対策もおすすめです。

性器を洗いすぎない

性器を清潔に保つのは大事なことですが、かといって洗いすぎも良くはありません。

特にカンジダを発症していると念入りにゴシゴシ洗ってしまいがちですが、洗いすぎると善玉菌まで落としてしまいかえって自浄作用が弱くなってしまうことがあるのです。
そのため良かれと思ってゴシゴシ力を入れて洗ったり、膣内を洗ったりしていると余計にカンジダの治りが遅くなりかねません。

性器を洗う際は弱酸性の石鹸やボディソープをしっかりと泡立てて、優しく外陰部のみを洗いましょう。

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトを食べると膣内の自浄作用が強くなるという話もあります。
その為カンジダ対策としてヨーグルトを食べることが色んな所でおすすめされています。

腸内細菌のバランスを整えることが膣内細菌のバランスも良くするなんて眉唾物ですよね。
なんでも、腸内環境が良くなることで免疫力が高まり、膣内のデーデルライン杆菌という菌が活性化することで自浄作用が強くなるそうです。

普段ヨーグルトをあまり食べないという方は、是非毎日の日課にヨーグルト摂取を加えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です